真空ポンプが開発された理由

真空ポンプが出来たのは、人間の空気の研究から生まれました。
中性のヨーロッパで、酸素や様々な物質が大気中に発見された時代、空気にも圧力というものがあるということを示すために、空気が無い空間を作る必要があったからです。
ですが、空気が無い状態という概念が無かったのでしょう。機械は作られていたものの、その存在を認める概念が構築されるまでに少々の時間がかかっていました。

その後、真空ポンプで作られた空気の状態を細密に研究することで、空気には圧力という重さが存在していることが判明したのです。
人間が実際に生活していたとしても、大気中の空気の重さを感じることが出来なかったため証明が大変だったのでしょう。
その圧力の強さは、想像を越えたものでした。半球を張り合わせて、球の中の空気を抜いて状態で馬に反対方向に引っ張っても中々、球が外れることが無かったといいます。
真空ポンプを初めて作った方も、まさか、道具として使用していたものが、こんな圧力の研究に繋がるったとは思ってもいなかったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です